12月23日(水)【桑名】≪年中行事を楽しむ会≫ 冬至粥祭の案内

一年の中で昼間の時間が最も短いために太陽のエネルギーが弱いとみなされました「陰極まれば陽きざす」。それを「一陽来復」と言います。

太陽の復活を意味することから黄色い食べ物を食べる習慣があります。黄色は邪を祓い病気を取り除くとされています。

当日は黄色のお粥と「ん」のつく七種類の食事を準備しています。当会ではこの日に1年間の大祓式を執り行います。

詳細情報

日にち 令和2年12月23日(水)
時 間 午前11時~
参加費 5,000円
人 数 15名
会 場 桑名 楽古舎
詳しくは、地図・行き方をご覧ください

申込み方法

お問い合わせページからご連絡ください。

お目にかかれることを楽しみに、お待ちしております。

>> 神道行事・講座一覧に戻る

[公開日]  永川辰男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加