9月 重陽節句祭

重陽節句祭・萱粥神事とは

重陽節句の光景重陽節句の光景

年内の五節句最後の重陽節句。新暦9月9日は萱の穂が出てなく、旧暦では穂が開き過ぎという事で毎年中秋の名月に合わせた日曜日に行っています。

玉鉾会の節句は萱で粥を作るという極めて珍しい萱粥神事です。今では行われていませんが宮中行事の一つです。宮中祭祀の伯家神道に残されている神事です。

ナスを食べるミクチナスの風習があり、焼きナス・水餅・蓬餅・里芋・栗ご飯で直会式を行います。

焼きナス・水餅・蓬餅・里芋焼きナス・水餅・蓬餅・里芋

神前にお供えのススキで「邪気邪霊祓いススキのお守り」を作り、お配りします。このお守りは沖縄、台湾、中国にもあるそうです。

邪気邪霊祓いススキのお守り邪気邪霊祓いススキのお守り

続きまして

このページはこれで終了となります。続きまして

のページをご覧ください。また、他のページをご覧になりたい方は、

をご覧ください。

[更新日]  永川辰男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神道をきちんと学びたい方へ

「神道について初めからきちんと学んでみたい」というお声を多くいただきます。

神道について学びたい方には、まずは神道初学講座を受けていただくことを、おすすめしております。よろしければ、ご覧ください。