白川伯王家伝承 惟神道(伯家神道)について

伯家神道

伯家神道の名称について

白川伯王家に伝わる神道を称して、一般的に「伯家神道」という名称が浸透しておりますが、伯家神道とは江戸時代における諸家神道(吉田神道、橘神道、賀茂神道、その他)と区別する為に使われている言葉であり、「神祇官統領白川伯王家伝承惟神道」が和学教授所より伝わる名称です。

又、その行法を「惟神道神傳相承審神古傳」「審神神事神傳相承修行法」と称し、和学教授所では白川家に遠慮申し上げて、伯家神道という言葉は敢えて憚って使用されておられません。然し、ここで掲載するに当たりまして、一般的名称として伯家神道の名称を掲載させて頂いておりますことをご了承下さい。

惟神道の継承と和学教授所の創設

朝廷の神祇官長である神祇官統領神祇伯王白川家に祭祀継承されてきた「惟神道」は、51代資訓王が神祇奉還を奏上される明治4年の神祇官廃止まで約800年間継承されてきました。

白川家最後の学頭職高浜清七郎源正一は、白川家門外不出の古伝神事法を残さんとして、明治25年に神道古伝和学教授所を創設しましたが、その翌年に他界します。

和学教授所 伯家神道行法

当会、玉鉾会で行う伯家神道行法は、高浜清七郎が創設した和学教授所の流れを汲むものです。伯家神道は「祝部殿の御法」「かむながらの道」「お道」「御簾内みすうちの御法」「ハフリの行法」「十種神寶御法」とも言います。掲載文中言葉をかえて記載されております事をご了承ください。

一般に言われている「神道」は江戸時代より言われた言葉で、それまでは「古道」「お道」「かむながら」「かむながらの道」と言っておりました。

伯家神道の伝承

私が「祝部殿の御法」を修行したのは昭和53年です。当時は今のように流行ることもなく興味を持つ人もなく、伯家神道継承が途絶えかけている危惧状態でした。残っている人達は70歳代以上の人達ばかりで、このままでは伝承が途絶えると憂いておられましたので、私自身にとってはありがたいことに懇切丁寧に指導を頂きました。

昭和15年の和学教授所の名簿には、総監白川資長、神事長中村新子、代理安見晴子、相談役吉田茂、理事新宮幸勝の名前が出ていますが、私が指導を受けたのは安見晴子、新宮幸勝両氏からです。新宮宮司からは出身大学が同じで神職ということもあり、三種迄の拍手降神の「ミテブリ」を指導して頂き、口秘として二種、一種を口外なきようお聞き致しました。併せて「和学教授所」の指導と心得を教授頂きました。

伝授の内容

昭和9年、白峰神宮宮司石井鹿之助が宮内忠政から受け取られた「神傳奥儀」(天の巻・地の巻)の写しが私のところにありますが、そこには「息行」の事が書いてあります。お道も大切なことですが、伯家神道では「息行」を大事にしています。

当時の和学教授所の教授科目は「甲、和傳教授科目」「乙、神事相傳科目」に分けられ、伝授された「神拝拍手の傳・太祝詞の傳・天津金木の傳・注連縄の傳」など40種ばかりが記載されています。

鎮魂の意味

「鎮魂」を「ミタマフリ」「ミタマシズメ」と読むと、「ミ=タマ=フリ、ミ=タマ=シズメ」となります。魂は「ミ=タマ」で「氣」を表します。わが国独自の「氣」が、即ち「カミ」にもとらます。

わが国は神国なりとは、「氣」が満ち満ちて充足していることを表しています。それは「ハフリの御法」をやられた人は、それが充分お分かり頂けると思います。私も若かりし頃それに感激して、神道観の見識が変わりました。

魂は「氣」であり、「カミ」であることから、「ミ」をわが身の心中に納めることを「鎮魂」と言います。それは古代における医療でもあるわけです。まさしく死人を蘇らせていたのかも知れません。

「物部鎮魂呪法」は物部氏滅亡と共に埋没してしまいますが、その鎮魂法は宮中に「祝部殿の御法」として継承されて来てました。ウマシマジノ命が天皇にお渡しされた「十種神寶行法」です。

続きまして

このページはこれで終了となります。続きまして

のページをご覧ください。また、他のページをご覧になりたい方は、

をご覧ください。

[更新日]  永川辰男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神道をきちんと学びたい方へ

「神道について初めからきちんと学んでみたい」というお声を多くいただきます。

神道について学びたい方には、まずは神道初学講座を受けていただくことを、おすすめしております。よろしければ、ご覧ください。