白川伯王家伝承 惟神道(伯家神道)について

伯家神道

伯家神道の名称について

白川伯王家に伝わる神道を称して、一般的に「伯家神道」という名称が浸透しておりますが、伯家神道とは江戸時代における諸家神道(吉田神道、橘神道、賀茂神道、その他)と区別する為に使われている言葉であり、「神祇官統領白川伯王家伝承惟神道」が和学教授所より伝わる名称です。

又、その行法を「惟神道神傳相承審神古傳」「審神神事神傳相承修行法」と称し、和学教授所では白川家に遠慮申し上げて、伯家神道という言葉は敢えて憚って使用されておられません。然し、ここで掲載するに当たりまして、一般的名称として伯家神道の名称を掲載させて頂いておりますことをご了承下さい。

惟神道の継承と和学教授所の創設

朝廷の神祇官長である神祇官統領神祇伯王白川家に祭祀継承されてきた「惟神道」は、51代資訓王が神祇奉還を奏上される明治4年の神祇官廃止まで約800年間継承されてきました。

白川家最後の学頭職高浜清七郎源正一は、白川家門外不出の古伝神事法を残さんとして、明治25年に神道古伝和学教授所を創設しましたが、その翌年に他界します。

和学教授所 伯家神道行法

当会、玉鉾会で行う伯家神道行法は、高浜清七郎が創設した和学教授所の流れを汲むものです。伯家神道は「祝部殿の御法」「かむながらの道」「お道」「御簾内みすうちの御法」「ハフリの行法」「十種神寶御法」とも言います。掲載文中言葉をかえて記載されております事をご了承ください。

一般に言われている「神道」は江戸時代より言われた言葉で、それまでは「古道」「お道」「かむながら」「かむながらの道」と言っておりました。

伯家神道の伝承

私が「祝部殿の御法」を修行したのは昭和53年です。当時は今のように流行ることもなく興味を持つ人もなく、伯家神道継承が途絶えかけている危惧状態でした。残っている人達は70歳代以上の人達ばかりで、このままでは伝承が途絶えると憂いておられましたので、私自身にとってはありがたいことに懇切丁寧に指導を頂きました。

昭和15年の和学教授所の名簿には、総監白川資長、神事長中村新子、代理安見晴子、相談役吉田茂、理事新宮幸勝の名前が出ていますが、私が指導を受けたのは安見晴子、新宮幸勝両氏からです。新宮宮司からは出身大学が同じで神職ということもあり、三種迄の拍手降神の「ミテブリ」を指導して頂き、口秘として二種、一種を口外なきようお聞き致しました。併せて「和学教授所」の指導と心得を教授頂きました。

伝授の内容

昭和9年、白峰神宮宮司石井鹿之助が宮内忠政から受け取られた「神傳奥儀」(天の巻・地の巻)の写しが私のところにありますが、そこには「息行」の事が書いてあります。お道も大切なことですが、伯家神道では「息行」を大事にしています。

当時の和学教授所の教授科目は「甲、和傳教授科目」「乙、神事相傳科目」に分けられ、伝授された「神拝拍手の傳・太祝詞の傳・天津金木の傳・注連縄の傳」など40種ばかりが記載されています。

鎮魂の意味

「鎮魂」を「ミタマフリ」「ミタマシズメ」と読むと、「ミ=タマ=フリ、ミ=タマ=シズメ」となります。魂は「ミ=タマ」で「氣」を表します。わが国独自の「氣」が、即ち「カミ」にもとらます。

わが国は神国なりとは、「氣」が満ち満ちて充足していることを表しています。それは「ハフリの御法」をやられた人は、それが充分お分かり頂けると思います。私も若かりし頃それに感激して、神道観の見識が変わりました。

魂は「氣」であり、「カミ」であることから、「ミ」をわが身の心中に納めることを「鎮魂」と言います。それは古代における医療でもあるわけです。まさしく死人を蘇らせていたのかも知れません。

「物部鎮魂呪法」は物部氏滅亡と共に埋没してしまいますが、その鎮魂法は宮中に「祝部殿の御法」として継承されて来てました。ウマシマジノ命が天皇にお渡しされた「十種神寶行法」です。

古代医療・皇朝古医道

伯家神道行法は、顕幽両斎の幽斎であると共に、古より現代に伝わる皇朝古医道ではないかと確信しています。私は、若いころから神道を宗教としてではなく、古代医療としてみています。

生活に必要ないものはいつの時代でも排斥されています。世界の宗教の発祥と、その国の民族の生活の中に宗教と医療との密接な関係があります。

氣の鍛錬法としての伯家神道の修業

皇朝古医道と伯家神道とのつながりは、このお行がまず、「神人一体と」となる氣の修行であると共に「ミ」を身中に入れる事により、氣の発生、氣を養うことができる古代から続く我が国の氣の鍛錬法であることです。

宗教者には、古今東西を問わず、世界三大宗教の発生から見ても人々の病を治癒する能力が備わっている人達が教祖となっている例が多いです。その人達が神への祈りを上げている事もさることながら、修行を通して自己鍛錬と共に、経文、祝詞、祈祷をのりあげる事により、額の印堂に氣が集中して、自ずとそのエネルギーが体に巡回して各部位より発散できる態勢を備えていることにあります。キリスト・釈迦の伝説に手を当てるだけで衆生の人々の病気を治療した説話が伝えられています。聖職者には古より修行による「氣」の鍛錬法がありました。気が生まれる事より手技療法、癒手法として活用できます。

伯家神道の修業は現代風に言えば、まさしく氣の鍛錬法の一つであると言えます。中国気功が流行りだした30年前から、私はこんにちの中国気功よりも日本の古代からの神道の行法がはるかに優れているのではと思っています。

20歳代半ばから修業していた私は、病気平癒祈願で神社参拝しに来た人に無料で施術を行っていました。

又、このお行は我が国の古代祭祀、古代呪術の一端を現代に継承しているものであります。呪術医療と言われるものです。そこには邪気、悪気を払い除けて、清浄なる「ミタマ」かえをして、健やかなる健康体を蘇生させる神方でもあります。

霊動・ミタマフリ

そこに合わせてこのお行には「霊動」があります。「ミタマフリ」と言われる鎮魂呪法です。このお道の行法の動きは身中の奥より霊動が始まり、やがて、大きな体の揺さぶりと共に鎮魂行法へと入っていきます。

これを体得、体感するためには、まず大切な事として動かそうとして自らで動かさないことです。自らの発動を「自発動」と言います。自分で動かしたら「受動法」になってしまいます。「自発動」と「受動法」とでは、その体に与える影響力は大きな違いがあります。

お行の時は自発動がおこるのを待ちます。その為には自らを「無」にするのです。その「無」になることは現代人にはむつかしいようです。言葉では分かっていても理解できない分野かも知れません。伯家神道行法から取り入れた霊動法の一例です。若かりし頃に行った霊動法の鍛錬法です。

霊動と振動療法

「自発動」は修業を重ねて神の域に近くなってから起こるものです。霊動がおきることこそ古神道行法なのです。霊動=鎮魂呪法と言えます。

霊動法は戦後しばらく行われ医療治療にも活用された医者もいました。政府に止められたいきさつがあるのがこの霊動です。現代のような教義神道でなく、実践神道を実践した戦前の宗教団体は大方行っていました。この霊動法を宗教団体に教えた一人が和学教授所の高浜清七郎です。

霊動法は振動法でもあるので、現代で言うバイオレゾナンスです。古代から伝わる振動法が我が国には三千年前から存在していました。霊動、そのものが呪術医療でした。現代ではドイツ医療に見ることができ、日本での振動療法に西式健康法などがあります。

古醫道に興味をお持ちの方へ

古醫道に興味をお持ちの方はホームページ楽古舎の古醫道のページをご覧ください。「古醫道」について詳細に説明致しております。伯家神道に伝わる「天つ息吹」「息吹永世」の呼吸法をアレンジして創作した息吹呼吸法、並びに呼吸法から生まれる「氣の鍛錬法」の指導の為の教室を開設しております。

神道行法から生まれた「医療と神道」との関わりによる施術法、健康法を指導養成する「古醫道養成セミナー」を指導開設致しております。これまでにも多くの人が修了され、医療分野での医者、看護師、介護士を始め、代替療法、呼吸法教室、ヨガ教室等の指導者として活躍しておられます。詳しくはホームページホームページ楽古舎の「古醫道」ほか「各種セミナー」のページをご覧ください。

自宅で出来る呼吸法導気法のDVD付きの指導教本もございます。参考にしてください。

現代にいかすために

病気平癒の御祈祷と古医道による治癒法

日本の医療史の中に「漢方」でも「蘭方」でもない現代では、その存在すら忘れられている「和方」があります。「和方」は江戸時代の医家の人達によって日本本来の医療の在り方を研究するのに用いられたわが国の古代医療のあり方です。その「和方」は「古医道」とも呼ばれ、「皇朝古医道」とも呼ばれました。

古代の日本の医療を見ると祈祷、呪術のみの優先にとらわれずに幅広い知識と環境の中で病気平癒の治療法を行ったことが、こんにちに残されている古典、神道学、民俗学、民間行事、民間療法、古代医療の中で知りえることができます。そこには神という絶対的な存在があり、それに基づく精神の持ち方が我が国の神の教え、即ち“かむながらの道”として人々の中に浸透しています。

やまとだましい

私達は知らず知らずのうちに古代から伝わる血脈のもとにその魂を受け継いできています。その魂を“やまとだましい“と言います。それは困った時ほどに湧玉として湧き出る魂です。普段は丹田深く眠っていますが、困った時に苦しみもがくほどに古代からの力が湧き出てきます。神の存在はその人持つ霊魂に反応して顕現します。祈りを通して神と霊魂の追求は、人の生死と合わせて生活における古代からの課題です。

ギリシャ哲学発祥は人間の霊魂の追求から始まりました。東洋の島国においても神と人と魂、それに生死、病気それらを追求した文化があります。それがかむながらの道であり、神道学です。

神道学における疾病の原因

神道学では疾病の原因を「悪気」と「悪味」に分類します。「悪気」は邪気、疫病で煩い神、禍神の仕業として、その物が立ち去るための「祓い去る」所作が行われます。「悪味」とは飲食物によるものです。現代風に言えば暴飲暴食、偏食、不摂生からくる成人病、生活習慣病と言ったところでしょうか。各人の日常生活の在り方にある事を注意しています。

それには神道用語である「慎み」を持つことです。養生、健康の第一は慎みを忘れないことです。己を慎むことです。それを忘れると心身症の原因ともなります。慎むとは人、物との間を置くことです。

祓いの意味

健康な状態とは、自らの魂から発した氣が血、津液(体液)の流れを促して滞りなく体内を循環していることです。魂から発した気によって呼吸、内臓の働き、血液の流れ、消化器官の働き等全ての人間の活動が健康体として働きかけるのです。

人間の生命が造化神から付与された魂に起源して病気平癒となり、その物の祈祷、祓いが自らの魂に働きかけることにより自らの病しき魂を目覚めさせることができます。そこで古代の人は「祓い」として、病魔からの一切祓いを行いました。昔の人は病気祈願とは言わずに「お祓いをお願いします」と神社へ訪ねて来られたものです。

病気平癒祈祷や施術を受けたい方へ

病気平癒祈祷や施術に興味をお持ちの方、また受けたい方は、病気平癒祈祷と施術のページをご覧ください。

玉鉾会では、古神道行法による祓いと合わせて古医道による病気平癒を行っております。

続きまして

このページはこれで終了となります。続きまして

のページをご覧ください。また、他のページをご覧になりたい方は、

をご覧ください。

[更新日]  永川辰男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神道をきちんと学びたい方へ

「神道について初めからきちんと学んでみたい」というお声を多くいただきます。

神道について学びたい方には、まずは神道初学講座を受けていただくことを、おすすめしております。よろしければ、ご覧ください。