7月13日(月)【京都】楽古舎教養セミナー 「ウイルスと時の気」

コロナウイルスがいまだ終息しておりませんが、ウイルスと人間の関係は太古の昔から続いている戦いでもあり、歴代の天皇を悩ませてきました。

ウイルスは人間の体の内外に存在するもので、いわば私達はウイルスの中で生きているのです。そこには気の働きがコントロールされているのではないでしょうか。いわば体の内外の気の働きに寄り掛る人、掛からない人が出て来るのかも知れません。動物はかわいがる人には吠えませんが、それ以外でしたら吠え付き噛みつきます。ウイルスが時の気と言われるように人を選ぶものであるかも知れません。

そこで昔の人がどのようにウイルスに対処してきたのかを神道的にお話し致します。

詳細情報

内 容 午後1時 講義。 午後2時30分 呼吸法教室…
日にち 7月13日(月)
時 間 午後1時~午後4時
参加費 3,000円
会 場 護王神社 京都御所前
住 所:京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
(京都御所蛤御門前)

護王神社の地図

詳しい行き方は、護王神社のホームページをごらんください。

申込み方法

参加者は事前に必ず連絡して下さい。

電話:0594-21-5921

お目にかかれることを楽しみに、お待ちしております。

[公開日]  永川辰男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加